トタン屋根、瓦棒からガルバリウム鋼板への葺き替え工法・費用

トタン屋根をガルバリウム鋼板へ葺き替え
  トタンの屋根はその殆が瓦棒形式、縦葺の屋根です。これを葺き替える工法はいくつもあって

  1: 既存の材料はそのままで、ルーフィング、または調湿シートを張り同じ瓦棒形式で
     ガルバリウム鋼板を施工する簡易カバー工法。(非常にコストが低い)

  2: トタンは、そのまま撤去せず、コンパネ、ルーフィング、新しい仕上げ材を重ねてる
    (基本のカバー工法)またこの方法は、通気を確保すると、断熱通気工法になります

  3: トタンを撤去し、新たな仕上げ材を施工する。(ルーフィングは当然交換)


簡易カバー工法:低価格;トタンからガルバリウム鋼板へ、瓦棒形式で;

  瓦棒の勾配が、2寸5分未満ですと、横葺きの材料が水はけの関係で使えません。縦葺、瓦棒の屋根にしなけ
  ればなりません。瓦棒は瓦棒と言うわけです。 しかし、今は平板でのトタンよりガルバリウム鋼板の方が
  安い場合が多く、瓦棒にガルバリウム鋼板がお薦めです。ガルバリウム鋼板の瓦棒形式での簡易カバーです
  

  実際の価格、概算で、ルーフィング¥600/平米、ガルバリウム平板の瓦棒での施工¥4,500/平米大きな
  材料はこれだけです。100平米の施工で、50万円そこそこで施工が可能です。(足場は緩勾配の場合なし)
  

     トタン簡易カバーの写真



トタン瓦棒のカバー工法は、断熱の良い通気工法になる;
空気層を利用し通気の確保で断熱ができる。


  通常のトタンのカバー工法(仕上げ材は何でも良い)では、コンパネを新たに施工することが多いですが、
  このコンパネとトタンのカッパ部分に30mm程の隙間、空気層ができます。これはそれだけで断熱材です。 
  空気の断熱性能はかなり良く、更に軒先と棟部分で通気をすると、断熱効果は更に高まります。


  断熱通気工法などと言います。 遮熱シートを施工するという更なるオプションもあります。
     トタン通気工法、通気部分


     トタン簡易カバーコンパネ終了


     通気工法システム


 既存のトタンを撤去する利点、有利なこと:
  屋根材を軽くするのには、多少有利になりますが、既存の屋根材料の重量は、9mmのコンパネで10kg / 枚、
  100㎡の屋根には、100㎡ / 1.63㎡ = 61枚、重量は、610kg。 この重さが、軽くなります。

  トタン、スレート屋根をガルバリウム鋼板でのカバー工法した重量変化で、この重量変化で、地震で屋根が
  倒壊したという話は聞いたことがありません。また、古いトタン、ルーフィングをそのまま屋根の中に残す
  ので、気分的に良くないと言う方は、極少数の方ですが、いらっしゃいます。 

 カバー工法の利点、有利なこと:
  まずは、古い材料を撤去する費用が不要なので、コスト面で有利、100㎡ の屋根で、撤去処分費用を30万円
  程度節約できます。 結構大きな金額です。 また古いコンパネ、ルーフィング、トタンが断熱材の効果を
  期待できます。防音についても、屋根が二重になることにより、今より雨音は、確実に小さくなります。

     トタン、瓦棒の写真


トタンを最新な軽量屋根・ガルバリウム鋼板へで葺き替え;その概算費用;

     トタンからガルバリウム鋼板葺き替えサンプル1

  下の表は、トタン屋根(瓦棒)をガルバリウム鋼板のカバー工法にて、葺き替える概算金額です。
  屋根面積;73.26㎡、2階建て、屋根勾配 5寸程度の想定、足場も見積に組み込んでいます。瓦棒の構造は、
  トタンの瓦棒仕様は 3cm程度の凸凹があって平ではないので、仕上げ材を施工するのにコンパネを一度施工
  します。その上からルーフィング材(防水材)仕上げ材としてのガルバリウム鋼板を施工します。全て材料
  費用込での概算になっています。

  足場を入れて、雨樋再施工なしでの価格です。カバー工法では屋根の高さ
  が変わりますので、雨樋の再施工が必要な場合があります。また勾配が、緩い屋根にトタンは使われること
  が多いのですが、ガルバリウム鋼板でも横葺き材料の場合は、メーカーの仕様は、勾配2寸5分以上となっ
  ていすので、勾配2寸以下の緩い勾配の場合は、ガルバリウム鋼板でも、縦葺タイプの材料でないと雨漏り
  のリスクがあります。 ガルバリウム鋼板の縦葺タイプは、メーカー・商品が限られますがスタイリッシュ
  なものもあります。
  (JFE鋼板株式会社の立平333など;jfe-kouhan.co.jp/products/metal_roof/tatehira333.html)
 

費用項目、工事・施工内容  単価(円)  数量  金額
下地材の施工(コンパネ)材工共 \ 2,000/㎡ 73.26㎡ \ 146,520
ルーフィング(防水シート) \ 650/㎡ 73.26㎡ \ 47,619
ガルバリウム鋼板の材料・施工費 \ 6,000/㎡ 73.26㎡ \ 439,560
軒部分、棟部分、けらば部分の材料・施工費 一式 \ 150,000
足場費用 \ 1,000/㎡ 182㎡ \ 182,000
純工事費用計(千円未満切り捨て) \ 965,000
    --- この施工概算価格は、実際の施工価格を保証するものではありません。---
    --- 実際の工事価格・費用は、屋根屋さんに現地調査をしてもらい正式見積---
    --- を取ってください。
    この他、工事に関わる諸経費(運搬費、交通費、事務費、屋根工事以外の労務費)などを
    請求される場合もあります。;一般的には、会社経費や諸経費などと見積には書きます。

  上記価格で、工事全体の50%程度の金額を占めるガルバリウム鋼板の施工費用は、データを取って解析しまし
  た。ガルバリウム鋼板の施工相場は下図のようになります。また概算価格の中で地方によって一番価格が変
  動するのは、瓦の廃材・処理費用で、実際は産業廃棄物業者の受け取り、処理価格なのですが、この費用は
  震災のあった地方は高いです。それも重量ではなく、平米当たり2千円程度も請求されたりと、単価の単位も
  まちまちのこともあります。

   また、棟、けらば、軒先の部品施工費用については、見積に表れないことが多く、相場を出すことが、困
  難でしたので、ガルバリウム鋼板メーカーのカタログ価格等を参考に載せています。この部品の施工価格は
  修理時の費用とは違うことが多いと言うことも加えておきます。 足場の設置費用も \700~ \1,300/平米程
  度と思います。値幅ありです。


ガルバリウム鋼板でのカバー工法相場概観;
      ガルバリウム鋼板の施工価格相場

  お助け隊にくる年間約 300件ほどの見積依頼(他社のものも含む)、サイトの価格の中からスレート屋根を
  ガルバリウム鋼板でカバー工法の葺き替える見積だけ拾い、価格の統計を取ってみました。
  横軸は、各価格帯で 500円刻みです。 おおよそですが、ガルバリウム鋼板の施工費用(材料費とも)は、
  ¥5,000 ~ ¥6,000/㎡程度でしょうか? まだサンプル数が多いとは言えないので、全国のガルバリウ
  ム鋼板の施工価格相場ではないですが、相場の参考になればと思い、掲載します。お助け隊ではこの価格を
  お知らせしています。
 

           - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -   

  お助け隊は、やねの修理・工事の概算金額・価格相場を公開しています。また工事の見積を匿名にて、複数
  依頼もできる便利なサイトです。 葺き替えの見積は、屋根葺き替えお助け隊、屋根修理は屋根修理お助け
  隊に! 是非お電話ください。 お客様のベストな屋根葺き替えの為に、頑張ります。                  屋根葺き替えは、屋根葺き替えお助け隊へ
サブコンテンツ
               ● 屋根葺き替えお助け隊 トップページへ

  24時間受け付けの相談・依頼のメールへ

  屋根葺き替えの相談・依頼の広告画像

  屋根葺き替えの相談・依頼の広告画像

このページの先頭へ